2019年01月16日更新
現在分詞の用法は多すぎる!?これを覚えておけば大丈夫!一気にまとめてみました
「現在分詞」と言われるとあまりピンとこない…という人も多いのではないでしょうか?この現在分詞ですが、英語ではかなり多くの用法があります。用法が多いということは、それだけ混同しやすいものがあるということです。今回は、そんな現在分詞の用法で「これを覚えておけば大丈夫!」というものを一気にまとめてみました。

「現在分詞」と言われた時に、どんなイメージを持つでしょうか?

 

多くの人は、

 

Not knowing what to say, I was just standing. (何を言うべきかわからなかったので、私はただ経っていた。)

 

の例文に代表されるような、所謂分詞構文を想像すると思います。

 

しかし、実は現在に限らず 分詞=分詞構文 ではありません。

 

分詞には「現在分詞」と「過去分詞」があります。

 

「過去分詞」は受動態や完了形でも見たことがあるから、なんとなく「分詞構文だけ」ではないイメージを持っている人も多いと思います。

 

しかし、「現在分詞」と言われるとあまりピンとこない…という人も多いのではないでしょうか?

 

現在分詞とは、簡潔に言うと「動詞のing形」のこと。

 

この現在分詞ですが、英語ではかなり多くの用法があります。

 

用法が多いということは、それだけ混同しやすいものがあるということです。

 

今回は、そんな現在分詞の用法で「これを覚えておけば大丈夫!」というものを一気にまとめてみました。

1、現在分詞と過去分詞の違い

分詞には現在分詞と過去分詞があります。

 

「現在」「過去」だからといって、現在分詞は現在のこと、過去分詞は過去のこと、という時間の違いで区別されているわけではありません。

 

簡単に言うと、

 

①他動詞の場合 : 現在分詞は能動「~する、している」、過去分詞は受動「~される、されている」

②自動詞の場合 : 現在分詞は進行「~している」、過去分詞は完了「~し終わった」

 

このように区別されています。

 

①他動詞の場合

 

他動詞surroundを使って考えてみましょう。

 

the children surrounding the woman

 

今、分詞の部分を黄色、目的語の部分を緑で色付けしています。

 

このsurroundingが、surroundという動詞のing形、つまり現在分詞です。

 

これは、「その女性を囲んでいる子供達」という意味です。

 

この場合、surroundingの主体はthe childrenで、能動を表します。

 

では、こちらはどうでしょうか。

 

the woman surrounded by the children

 

surroundedはsurroundの過去分詞です。

 

これは、「子供達に囲まれている女性」という意味です。

 

the children surrounding the woman と状況としては同じですが、誰を主体にするかが違います。

 

こちらは女性を主体としているので、「女性が囲まれている」という受動を表します。

 

能動なのか受動なのかで、同じ状況であっても主体が変わります。

 

この「能動か受動か」が分詞を理解する上では非常に重要です。

 

例えば、日本語で「英語で書いてある本」という言い方をしますよね。

 

「書いてある本」なので能動を使うような気がするのですが、本は無生物なので自分で「書く」という行為をしません。

 

よって、これを英訳すると the book written in English となります。

 

日本語のイメージにかかわらず、英語では主体が「する」ならば能動、「される」ならば受動です。

 

 

②自動詞の場合

 

自動詞fallを使って考えてみましょう。

 

a falling leaf

 

fallingはfallの現在分詞なので、これは「落ちている葉」という意味です。

 

a fallen leaf

 

fallenはfallの過去分詞なので、これは「落ち終わったた葉」つまり「落ち葉」という意味です。

 

ただし、このように名詞を修飾する自動詞の過去分詞はあまり数が多くありません。

 

とにかく大事なのは、現在分詞は能動、過去分詞は受動を表すということです。

2、動名詞は現在分詞ではない!

動詞のing形の中で、真っ先に動名詞を想像した人もいると思います。

 

しかし、動名詞は現在分詞とは違います。

 

動名詞はあくまでも名詞ですが、現在分詞は名詞ではないのです。

 

・I like singing. (私は歌うことが好きだ。)

・I like that singing girl. (私はあの歌っている女の子が好きだ。)

 

この2つの例文を見てみましょう。

 

上の文は、Iが主語、likeが述語動詞です。

 

likeは他動詞なので、「何を」という目的語が必要です。

 

singは動詞ですが、ingをつけることによって「歌うこと」という動名詞になれます。

 

よって、singingは品詞としては名詞で、likeの目的語になっています。

 

動名詞はto不定詞の名詞的用法を代用できることが多いので、 I like to sing. としてもいいです。

 

下の文もIが主語、likeが述語動詞ですが、that girlという名詞があるのでsingingは名詞ではありません。

 

この文は、singingを削って I like that girl. としても主語、述語動詞、目的語がそろっているので文として成立します。

 

ではsingingは何の役割を果たしているのかというと、singが自動詞であることを考えると、

 

【1 現在分詞と過去分詞の違い】で紹介した「~している」という意味を担っています。

 

つまり、singingはthat girlを修飾し、「どんな女の子なのか」を説明する働きをしています。

 

動名詞は名詞なので文の構成上必要不可欠ですが、分詞は名詞ではないので、なくても文が成立するという違いがあります。

 

・Playing baseball is fun.      → Playingが文の主語となっているので動名詞。

・It was an exciting game.    → excitingがgameを修飾しているので分詞。

 

 

ちなみに、現在分詞の使い方で

 

I like that girl singing a song over there. (私はあそこで歌を歌っている女の子が好きだ。)

 

というものもあります。

 

先程の I like that singing girl. との違いは、分詞の位置です。

 

I like that girl singing a song over there. では、分詞がSVOの後に来ていますが、

 

I like that girl singing a song over there. では修飾したい名詞の前に来ています。

 

1語の分詞ならば修飾したい名詞の前、2語以上で修飾するなら文末に置くということを覚えておきましょう。

3、現在分詞の使い方その① 進行形 関係代名詞を使うときは注意!

現在分詞の代表的な使い方のひとつが進行形です。

 

進行形は、be動詞+現在分詞で表され、「~している」という意味を表します。

 

You play the guitar.

 

この文を現在進行形にすると、

 

You are playing the guitar.

 

過去進行形にすると、

 

You were playing the guitar.

 

be動詞が現在形なのか過去形なのかで、現在進行形なのか過去進行形なのかが決まります。

 

以上は中学で習う内容なので簡単そうに見えますが、ここで気を付けたいのは関係代名詞を使う際です。

 

関係代名詞+進行形・受動態は、名詞を修飾する動詞と非常に混同しやすいのです。

 

例えば、「私はあそこに立っている女の子を知っている」という分があったとします。

 

これを英訳するとどうなるでしょうか?

 

I know the girl who standing over there.

 

を想像した人はいないでしょうか?

 

これは、上位大学を目指す人であっても意外としやすいミスなのです。

 

正解は、 I know the girl who is standing over there.

 

この文は関係代名詞の主格を使っていますが、その場合関係代名詞の後は動詞がこなくてはなりません。

 

I know the girl who standing over there. では、関係代名詞の後に動詞がないので文として成立しないことになってしまいます。

 

関係代名詞と進行形を同時に使う際は、必ずbe動詞を入れることに注意しましょう。

 

「私はあそこに立っている女の子を知っている」は、関係代名詞を使わなくとも

 

I know the girl standing over there.

 

と分詞を使って表すこともできます。

 

実はこれは、 I know the girl who is standing over there. のwho isを省略した形なのです。

 

そう考えると、関係代名詞を使う際は必ずbe動詞を忘れてはいけないことがわかりますね。

3、現在分詞の用法その② 限定用法

限定用法とは、一言で言うと「形容詞のように使える用法」です。

 

形容詞のように使えるということは、名詞を修飾するということです。

 

これまで使ってきた例文の中で、

 

・I like that singing girl.

・I like that girl singing over there.

・I know the girl standing over there.

 

この3つはこの用法です。

 

日本語で馴染みのある言葉も、実はこの用法を使っているものがあります。

 

例えば、

 

・boiled egg=ゆでられたたまご=ゆでたまご

・rising sun=昇っている太陽=朝日

 

などがそうです。

 

汎用性が高いので、長文などで目にする機会の多い用法です。

4、現在分詞の用法その③ 叙述用法

叙述用法とは、一言で言うと「補語として使える用法」です。

 

補語ということは、S=Cが成り立ちます。

 

分詞は動詞の変化形なので、この用法では「動作や状態の継続」を表します。

 

例えば、

 

Tom kept saying that he loved her. (トムは彼女を愛していると言い続けた。)

 

これは、主語であるTomが「言う」という動作を続けたことを表しています。

 

これだけならば簡単そうですが、この用法では能動と受動の識別に気を付けなくてはなりません。

 

こちらの例文を見てみましょう。

 

Her eyes remain closed. (彼女の目は閉じたままだ。)

 

日本語では「目が閉じている」という言い方をしますが、

 

目は動作の主体となって能動的に「閉じる」わけではなく、目の所有者によって「閉じられ」ます。

 

このHer eyes remain closed.という例文は「現在分詞かと思いきや過去分詞を使う」という有名なものなので、

 

この機に覚えておくといいですね。

5、現在分詞の用法その④ SVO+分詞

この用法は分詞を補語として使うものですが、SVCではなくSVOCを作るものです。

 

例えば、以下のようなものです。

 

He kept me waiting for thirty minutes at that shop. (彼は私をあの店で30分待たせた。)

 

SVOCはO=Cになるので、この例文だとme=waitingとなります。

 

つまり、「私」が主体となって能動的に「待つ」という動作を行ったということです。

 

叙述用法とは違い、分詞の部分の主体は文の主語ではなく目的語であるという点に注意が必要です。

 

また、SVO+分詞で過去分詞を使う場合は、Oが無生物であることが多いです。

 

例えば、 Don’t leave the door unlocked. (ドアを無施錠のままにするな) など。

 

ドアは無生物なので、能動的に「施錠する」ということはありませんよね。

 

よって、「無施錠にされる」という受動で表す必要があるのです。

6、現在分詞の用法その⑤ 分詞構文

「現在分詞の用法」と聞いて多くの人が一番先にイメージするのが、この分詞構文なのではないでしょうか。

 

分詞=分詞構文と思っている人も多いと思いますが、分詞と分詞構文はイコールではありません。

 

分詞とはあくまで、動詞のing形や過去分詞を使って色々な意味を表すことができるもの。

 

では分詞構文とは何かと言うと、分詞のかたまりを副詞的に使って文に情報を補足するものです。

 

今まで挙げてきた用法だと、分詞は形容詞的に使って名詞を修飾したり、補語となったりしていましたが、

 

分詞構文の最大の特徴はこの「副詞的に使う」ということです。

 

「副詞的に使う」とはつまり、「文頭もしくは文末」にあって、「文の構成要素としてはなくてもよいもの」です。

 

分詞構文では、特に以下の3つのポイントに注意が必要です。

 

①基本的な使い方

②分詞の主体が文の主語と異なる場合

③完了の分詞構文

 

以下、それぞれについてまとめていきます。

 

 

①基本的な使い方

 

そして、分詞構文は「~している」「~される」という能動・受動だけでなく、様々な意味を表すことができます。

 

分詞構文で主に表すことのできる意味としては、

 

・~ので ※文頭に置かれる※

・~しながら

・~すると

・~している時

・~してそして

 

の5つです。

 

そして、この5つのうちどれが使われているかは「この要素があったら絶対にこう」という条件があるわけではなく、

 

主節との関係によって断定していきます。

 

例えばこれ。

 

Some girls are walking down the road talking to each other.

 

分詞構文と現在進行形が混ざっていて、現在分詞が2回出てくる文です。

 

この文ではSome girlsが主語、are walkingが述語動詞です。

 

よって、文末にある2回目の現在分詞、talking to each otherが分詞構文を作っている部分となります。

 

主節はSome girls are walking down the road つまり「何人かの女の子が道を歩いている」です。

 

分詞構文を作っているのはtalking to each other つまり「話している」です。

 

まず、この2つの状況には因果関係がありませんし、分詞も文末にあります。

 

よって、「~ので」「~すると」という訳は不当です。

 

また、動作が連続するわけではないので、「~してそして」という訳も不当です。

 

最後に「~している時」ですが、これは分詞の部分が「~している時」の意味を表します。

 

「話している時に歩いている」というのは不自然なので、これも不当です。

 

「何人かの女の子が道を歩いている」ことと「話している」ことは同時に起きていると考えて差し支えないため、

 

訳としては「~しながら」となり、この文は「何人かの女の子が話しながら道を歩いている」という意味になります。

 

分詞構文の意味は、このように主節との関係によって断定していきます。

 

よって、分詞が文頭もしくは文末にあり、副詞的に使われていると考えられる場合、

 

まず主節がどこなのかを判断し、主節と分詞がどのような関係にあるかを考えれば意味がわかります。

 

この時に注意しなくてはならないのは、分詞の主体は文の主語になるということです。

 

Some girls are walking down the road talking to each other. も、Some girlsが主体なので能動のtalkingを使います。

 

現在分詞と混同しがちなものとして有名なのが、

 

Seen from the airplane, the island looks like a bird.

 

という文です。

 

これは、訳すと「飛行機から見ると、その島は鳥のように見える」です。

 

日本語では「飛行機から見ると」という訳が自然ですが、分詞の主体はあくまで文の主語。

 

文の主語はthe islandつまり「島」、無生物です。

 

ここまでの用法で何回か出て来たように、日本語では現在分詞を使うかのように思えても、

 

無生物が能動的に何かをするということは非現実的なので、ここは過去分詞を使います。

 

島は「見る」ではなく「見られる」側なので、現在分詞を使うのは間違いです。

 

また、分詞構文の場合否定語notやneverは分詞の前に置かれます。

 

Not knowing what to say, I was just standing. (何を言うべきか分からなかったので、私はただ経っていた)

 

 

②分詞の主体が文の主語と異なる場合

 

①で「分詞の主体は文の主語」と述べましたが、必ずしもそうでない場合もあります。

 

このような分詞構文を、特に独立分詞構文と言います。

 

例えば、「日曜日だったので、その店は閉まっていた」という文があったとします。

 

これを分詞構文を使って書くとどうなるでしょうか?

 

主節は「その店は閉まっていた」、分詞を使うのは「日曜日だったので」です。

 

「日曜日だったので」を普通に訳すと、 Because it was Sunday となります。

 

wasの部分を分詞にすると考えると、

 

Being Sunday, the shop was closed.

 

となりそうですが、これは間違いです。

 

「分詞の主体は文の主語」ということを考えると、Beingの主体はthe shopということになりますが、

 

「店が日曜日である」というのは変な話です。

 

また、この文を分詞構文を使わずに書くと、 Because it was Sunday, the shop was closed. です。

 

副詞節内の主語、主節の主語はthe shopなので、そもそも違います。

 

また、「日曜日だ」とは英語で it be Sunday です。

 

ということはつまり、分詞の主体はitということになります。

 

こういった場合、分詞の主体は分詞の前に置かれます。つまり、

 

It being Sunday, the shop was closed.

 

が正解です。

 

このitの部分を分詞の意味上の主語と言ったりもします。

 

独立分詞構文では、itの他にthereも分詞の意味上の主語になりやすいです。

 

例えば、

 

There being no bridge, we had to swim across the river. (橋がなかったので、我々は泳いで川を渡らなければならなかった。) 

 

のようなものです。

 

ItもしくはThereが文頭にある分詞構文は、分詞の主体と文の主語が違うので気を付けましょう。

 

 

③完了の分詞構文

 

今まで見てきた分詞構文は、分詞構文で表す部分と文の述語動詞が同じ時でした。

 

しかし、「お金を全部使ってしまっていたので、私は新宿から家まで歩いた」という文を分詞構文で表すとなるとどうでしょうか。

 

Spending all my money, I walked home from Shinjuku.

 

こうしたいところですが、これだと「お金を全部使う」と「新宿から家まで歩く」が同時に起きたという意味合いになってしまいます。

 

お金を全部使ったのは、新宿から家まで歩くよりも明らかに過去のことです。

 

そういう場合は、分詞の部分をHaving+過去分詞で表します。

 

よって、正解は Having spent all my money, I walked home from Shinjuku. です。

 

分詞構文を作る際は、分詞で表したい部分が述語動詞と同じ時なのか、それとも前なのかに注意が必要です。

7、まとめ

・動名詞は名詞、現在分詞は名詞ではないので別物

・分詞の主体が能動的に「する」なら現在分詞、受動的に「される」なら過去分詞

・分詞は形容詞としても補語としても使える

・分詞構文は副詞、意味は主節との関係で判断

→分詞の主体と文の主語が違う場合は分詞の主体を分詞の前に

→分詞が文の述語動詞よりも過去の場合はHaving+過去分詞

この記事の執筆者
スタモ編集部
最高の学習をもっと身近に、どこでも。スタモ編集部は、大学受験や日々の勉強に役立つ記事を発信しています。予備校講師や塾講師の経験のある東大、京大、早慶の卒業者メンバーが中心に、どこよりも詳しく、どこよりも丁寧な内容をお届けいたします。
関連記事
感嘆文を完全マスター!構造や成り立ちから作り方まで優しく解説します
英語における感嘆文の構造や成り立ち、作り方などについて、さまざまな側面から考えてみたいと思います。
使役 make have let get helpの動詞の意味からマスター!
〈使役〉という言葉は、国語や英語の授業で文法を学ぶ時に聞いたことがあると思います。英語では〈使役動詞〉などの言葉を学んだ人もいるかもしれませんね。ここでは、〈使役〉に使われる言葉とその使い分けを中心に、使役の文法について学んでいきたいと思います。 
仮定法はこれでマスター!4つの用法と仮定法を見抜くポイントを抑えよう!
日本語には存在しない「仮定法」の考え方をマスターします。
not only ~ but also … の意味は?相関接続詞についても分かりやすく解説します
〈not only ~ but also …〉 という形の文を学校の英語で学んだ記憶があるかと思います。これは、英語の文法の中で相関接続詞と言われるものの1つです。 ここでは、〈not only ~ but also …〉をはじめとする相関接続詞の文について説明します。
過去進行形とは?現在進行形と比較して徹底解説します
実は、試験で問われる、あるいは長文の中で見かけるのは現在進行形よりも過去進行形の方が多いのです。 理由は簡単。 「過去進行形の方が汎用性が高いから」なんです。 でも、なんとなく学校ではあまり深く習っていないような気がしませんか? 今回はそんな過去進行形についてしっかりおさえていきましょう。
英語における受動態をこれで完璧!よくある疑問から作り方まで完全解説します
受動態の文法について詳しく説明!いろいろな観点から詳しく説明いたします。
© 2018 スタモ.