2019年01月06日更新
疑問詞ってそもそも何だろう?疑問詞の意味や使い方は?
疑問詞とはいったい何なのか、疑問詞の使い方にはどういったものがあるかなどについて、詳しくご説明いたします。

一般的に、英語で 「あなたは何を持っているのですか?」 「昨日あなたたちはどこへ行ったのですか? 」といった、相手に質問を投げかける疑問文の文頭には、〈What〉〈Where〉〈When〉などの単語が使われます。


これらの単語が、その文の中で〈分からないことを尋ねる〉という働きを持つ時に、これらを疑問詞と呼びます。


しかし、疑問詞が使われるのは疑問文の文頭だけではなく、平叙文の一部として使われている場合もあります。


ここでは、疑問詞とはいったい何なのか、疑問詞の使い方にはどういったものがあるかなどについて、詳しくまとめていきたいと思います。

疑問詞とは何か?疑問詞ではないwhenとは?

「英語の文で使われる〈疑問詞〉とは、いったい何ですか?説明してください」と問われると、


「ああ、whatとかwhen, whichとかの、疑問文の頭にくっつける単語のことだよ!」

と答える人が多いのではないでしょうか。


あるいは、


「疑問詞とは、中学校の英語の最初のほうで習った、疑問文の〈何が?〉〈いつ?〉〈どちら?〉とか、そんな意味を表す単語のことです。ほら、例の5W1Hの単語ですよ」


などという説明をする人もたくさんいそうです。


しかしながら、実はwhat, when, which=疑問詞という種類の単語である、というわけではないのです。


 〈疑問詞〉とは、「内容がわからないことについて具体的な情報を求める際に使う語としての使い方」という意味であり、厳密に言うと、疑問詞という単語の種類の名前ではありません。


実際に、英英辞典でwhenという語を調べると、〈when:adverb(副詞), conjunction(接続詞)〉と書かれています。


when=疑問詞だと思い込んでいる方は、これを見たらびっくりしてしまいますよね!

例えば、副詞としてのwhenの使い方にはこんなものがあります。


When did she arrive?

(彼女はいつ到着したのですか?)


この文の日本語訳を見て、「あれっ?これ、疑問文だから疑問詞じゃないの?」と思われた方もいると思います。


そうです。ここに使われているwhenは、たしかに〈疑問詞〉です。


ただし、このwhenは、話し手が自分の知らない情報について、疑問文の中で具体的な情報を得ようとして使われている副詞であり、それが〈疑問詞として働いている〉のです。


また、このような文もあります。


Sunday is the day when I can relax.

(日曜日は私がリラックスできる日です。)


こちらのwhenは、見ておわかりのとおり、疑問文ではなくて、平叙文の中の一部として使われています。

これは、the dayを後ろで詳しく説明するための〈関係詞として働いている〉副詞である、と言えます。


さらに、whenは〈接続詞〉として


When we were walking home, we saw an accident.

(家に歩いて帰っている時、事故を見かけた。)


といったように、2つの文を接続する働きを持ったりもします。


つまり、when=疑問詞 ではなく、whenが持ついろいろな働きの中で、特に〈具体的な情報を得ようとして使われる〉場合に、whenなどのことを〈疑問詞〉と呼ぶのだ、と認識するといいと思います。


ここではwhenを例にとって説明しましたが、他のwhat, where, whichなどについても、ほぼ同様のことが言えます。

疑問詞の3つの種類とは?疑問詞を使った疑問文を覚えよう!

上で述べたように、what, when, whereなどの単語は、〈具体的な情報を得ようとして使われる〉場合に〈疑問詞〉と呼ぶのだ、と認識した上で、次に「疑問詞の種類にはどんなものがあるのか?」について考えてみましょう。


疑問詞は、大きく分けると 〈疑問代名詞〉〈疑問限定詞〉〈疑問副詞〉の3つの種類に分けられます。


こう説明すると、多くの方は


「えっ!疑問代名詞?疑問限定詞? そんな言葉初めて聞くけど」

と思われるのではないでしょうか。


それもそのはずです。おそらく、これらの言葉を聞いたことがある人のほうがまれであるはずです。


これらの疑問詞の種類分けについては、実際に中学校や高校の英語の授業では、めったに触れられることがないようです。


しかし、疑問詞をこの3種類に分けてじっくり考えてみると、これまでに中学・高校などで学んできた英語の文について、より深い理解が得られるようになるかと思います。


それでは、疑問代名詞から順番に見ていきましょう。

・疑問代名詞

疑問代名詞とは、名詞的な内容について尋ねたい時に使われる疑問詞で、次のようなものがあります。


Who(誰?)…「人」について尋ねるときに用いられます。


Who is that woman?

(あの女性は誰?)


What(何?)…「事・物」について尋ねるときに用いられます。


What do you have in your hand?

(あなたは手に何を持っているのですか?)


Which(どれが?どちらが?)…「人」についても「事・物」についても用いられることがあり、二択または限られた範囲の中からそれらのどれ・どちらを選ぶのか尋ねるときに使われます。


Which do you want, a book or a toy?

(本とおもちゃ、どっちがほしい?)


この3つで終わり?何だか少なくない?と言われそうですが、純粋に疑問代名詞と呼ばれるものはこの3つです。


あとは、疑問代名詞の仲間とみなされたり、みなされなかったりするものもあります。

これについては、次に述べてみます。

・疑問限定詞

疑問限定詞は、文の中で疑問を表す部分が限定された言葉になっているものです。


こう説明するだけだと、何のことだかわかりづらいと思うので、実際の使用例を見て、疑問限定詞について理解してみましょう。


★What

What color is your coat ?

(あなたのコートは何色ですか?)


★Which

Which hand do you write with?

(あなたはどちらの手で字を書きますか?)



★Whose

Whose camera  is that?

(あれは誰のカメラですか?)


これらの文における What, Which, Whoseが疑問限定詞です。


ここでのWhat, Which, Whoseは、〈疑問の対象となる名詞(color, answer)の前に置かれて、その名詞を形容詞として前から修飾する目的で使用され、その名詞を限定する、という働きをする〉なので、疑問限定詞という名前がついています。


また、疑問限定詞は、「後ろの名詞を修飾する」という働きから、疑問形容詞と呼ばれることもあります。

疑問限定詞の働きと文法について詳しく見てみましょう

これで、大まかなところは理解していただけたでしょうか。

さらに、疑問限定詞の働きと文法について詳しく見てみましょう。


例えば、

 

Which cake would you like ?

(どのケーキがほしいですか?)


文頭の疑問限定詞Whichは、後ろにあるcakeを修飾し、限定しています。 


※疑問限定詞がある場合、限定詞によって限定を受けたcakeには、冠詞や複数〈s〉は不要となります。

疑問限定詞が用いられている文では、ここがまちがいやすいポイントのひとつとなっているので、気をつけましょう。


そして、文全体では、〈どのケーキ?〉という疑問詞のまとまりが、具体的な情報を求める部分となっています。


※この文のように、疑問限定詞を用いた疑問文では、語順に注意が必要です。

Which cake という疑問詞のまとまりの後ろに、would you like?という平叙文を疑問文にしたものが入って、文が完成します。


Whichの後ろにすぐ疑問文をいれてしまうのは語順まちがいです。Whichとまとまりを作っているcakeが忘れ去られてしまわないように注意しましょう!


ちなみに、疑問限定詞は 疑問代名詞を形容詞的に使っている、つまり〈疑問代名詞の形容詞的用法〉と見なされ、疑問代名詞の一部であるとする場合もあります。

・疑問副詞

疑問副詞とは、副詞的な内容を尋ねたい時に使われる疑問詞です。疑問副詞には以下のようなものがあります。


When(いつ?)…「時」について尋ねるときに用いられます。


When is your birthday?

(あなたの誕生日はいつですか?)


Where(どこ?)…「場所」について尋ねるときに用いられます。


Where did she go yesterday?

(彼女は昨日どこへ行ったの?)


Why(なぜ?)…何かをする「理由や目的」について尋ねるときに用いられます。


Why didn't you sleep well last night?

(なぜ昨夜よく眠れなかったのですか?)


How(どう?どうやって?)…何かの「様子や方法」について尋ねるときに用いられます。


How do you usually go to school?

(君はふだんどうやって学校へ行くの?)


なかでも、疑問副詞Howには〈How+形容詞/副詞〜?〉の形もたくさんあります。

次にその一部を挙げてみます。一部といってもけっこうたくさんあって、しかもどれも中学校の英語で学ぶような有名な文例です。


How old are you ?

(あなたは何才ですか?)


How much is this bag?

(このバックはいくらですか?)


How many temples are there in Kyoto?

(京都にはいくつ寺がありますか?)


How long does it take to get there?

(そこまで行くのにはどれくらい時間がかかりますか?)


How far is it from here to that hotel?

(ここからそのホテルまではどれくらい距離がありますか?)


How often a day do you use this machine?

(この機械を一日にどれくらい使うの?)


How tall is your father?

(あなたのお父さんはどれくらい身長がありますか?)


How fast can that machine move?

(その機械はどれくらいの速さで動きますか?)


このように、まだまだここには書ききれないほど、Howを用いた文はたくさんあります。


インターネットでHowという語を検索して、ここに挙げた文例のほかにどういったものがあるか検索してみるのもおもしろいかもしれませんね!

疑問詞を用いて文を作る時に注意したいもの

疑問詞の種類やその働きについて、さまざまな点に注目して見てきましたが、次は、これらの疑問詞を用いて文を作る時に、特に注意したいものについて説明します。


どれも、英語を学ぶ上で欠かせない文法なので、ぜひ覚えてください。

・疑問詞自体が主語となる文

これまで紹介してきた〈疑問詞を使った疑問文〉は、疑問詞の後に、主語と動詞を含んだ文の疑問文が入る形でした。


それに対して、この疑問文はどうでしょう。


What happened here yesterday?

(昨日ここで何が起こったのですか?)


この文では、Whatの後ろを見ると、いきなりhappenedという動詞の過去形が入っていて、疑問詞の後ろに、これまで見てきた疑問文のような、「主語と動詞を含んだ疑問文」は入っていません。


なぜかというと、この文では、主語がWhat自体で、その主語に対する動詞がhappenedとなっているからです。


つまり、この文は疑問詞自体(What, Which, Who)が疑問文の主語となっている文なのです。

こうした文はわりとよく見かけるので、以下の代表的な文例を覚えておきましょう。


What language is spoken here?

(ここでは何語が話されていますか?)


What languageというまとまり自体が主語で、動詞部分が受動態で「話される」となっています。


Which book is the most popular?

どの本が一番人気がありますか?)


上の文と同様、Which bookというまとまり自体が主語となっていて、動詞部分はbe動詞です。


Who broke your bike?

だれがあなたの自転車をこわしたのですか?)


Who自体が主語で、後ろに動詞の過去形がきています。

・疑問詞+do you think〜?の文

次は、高校で学ぶ英語の文法問題などによく出てくる英訳問題の日本語文です。


「あなたは、3人の中で誰が最も人気があると思いますか?」


この文を英文にしなさい、という問題は、一見簡単そうに見えますが、実際に英語に訳し始めると、Do you thinkが先なのか、疑問詞Whoが先なのか、どちらだろう?と迷ってしまう人も多いと思います。


そこで、この手の英訳では、〈疑問詞+do you think〜?の文〉として、少し特殊な単語の並び方になる、と覚えてください。


試しに、先ほどの日本語文を、順を追って訳してみましょう。

1.まず、〈誰が?〉という問いかけをするために


Who  

という疑問詞の部分を入れます。疑問詞が文頭になります!


2.次に、以降の疑問文の流れを断ち切るように、〈あなたは思いますか?〉を入れます。


Who do you think 


3.その後に、本来 Whoに続く部分である、疑問文の残りを入れます。


Who do you think is the most popular of the three?


これで完成です。


Who do you think is the most popular of the three?

(あなたは、3人の中で誰が最も人気があると思いますか?)


読んでみると、通常の疑問文の語順と少し異なるため、若干しっくりこないような語順かもしれませんが、これで合っています。

間接疑問文をマスターしよう!

疑問詞は、いつも疑問文の文頭に使われるだけではありません。


疑問文の途中あたりに入っていたり、あるいは平叙文の途中に使われていたりすることもあります。

しかもそれらの文では、通常の疑問文の語順と異なっていることもあります。


そのような文は〈間接疑問文〉である可能性があります。


間接疑問文という名前に聞き覚えのある人は多いのではないでしょうか。

中学校や高校の英語の授業で教わったことを記憶している人もいることと思います。


間接疑問文は、疑問詞で始まる文が 〈疑問の内容を表す表現〉として、別の文の一部として用いられてれている、という形式を持つ文です。


例えば、ここに「値段がわからない本」があるとします。


それに対して、


How much is this book?(この本はいくらだろう?) という疑問がわいてきます。


そこで、そばにいる人に「この本がいくらなのか」を


Do you know (あなたは知っていますか?)と尋ねようとします。


これらの2文を合体させる時、Do you know +疑問詞+平叙文の語順という並びにしてみてください。


Do you know how much this book is


疑問詞のまとまりであるhow muchを入れた後ろが、主語から始まる平叙文の形になっているのがおわかりいただけるでしょうか。


この形が、間接疑問文の正しい形です。


もう一つ例文を考えてみましょう。


先ほどの間接疑問文を使って、そばにいる人にこの本の値段を教えてもらうことができたのですが、意外と高価だったので、手持ちのお金では足りないことがわかりました。


そこで、心の中でこうつぶやきます。

「どうやって買えばいいか、わからない…」


まず、


How can I get it?(どうやって手に入れられるだろう?) という疑問がわいてきます。


だけど


I don't know. (私にはわからない)と悩みます。


これらの2文を合体させる時、I don't know +疑問詞+平叙文の語順という並びにしてみましょう。



I don't know how I can get it


と、こんな間接疑問文ができました。


やはり、疑問詞howの後ろは、主語 Iから始まる平叙文の語順になっています。


間接疑問文を作る時は、

何かの文の中に、疑問詞+平叙文の語順という並びで入れる、と覚えておきましょう。


次に、間接疑問文で特に注意する点について説明します。


★間接疑問文において、疑問詞自体が主語の場合は語順は変更されません。


このような間接疑問文がその例です。


Do you know who he is

(彼が誰だかあなたは知っていますか?)


この文では、後半の疑問の部分で、疑問詞who自体が主語となっています。


間接疑問文+do you think〜? の形式の場合は、疑問詞を文頭に置く形になります。


Who do you think he is?

(彼は誰だと思いますか?)


さらに、この文を、先ほどの「彼が誰だかあなたは知っていますか?」という間接疑問文と、日本語訳を含めて比較してみましょう。


Who do you think he is?

(彼は誰だと思いますか?)


Do you know who he is?

(彼が誰だかあなたは知っていますか?)


この2つの文は、日本語訳を見るととても似ていると思いませんか?


日本語訳を比べてみると、助詞の「は」や「か」、「と」の部分がごちゃごちゃして、似ているけれどどこかが違うような気もしてきます。


しかし、よく考えてみると、


Who do you think he is? は「誰だと思うか?」という点を尋ねていて、

Do you know who he is? は「あなたは知っているのか知らないか、どちらなのか?」という点を尋ねる文となっています。


ややこしくなったら、この疑問文は何を尋ねているのかなと言う点を考えて、分別してみてください。

おわりに

What, When, Whereなど、ほとんどの疑問詞は、単語自体を中学英語の前半で習うので、「疑問詞なんて簡単だよ!」というイメージを持っている方が多いと思います。


しかし、中学英語の前半で教わるのは、主に「疑問詞を用いて作られた疑問文は、具体的な情報を求めるものとなり、それに対して聞き手は、疑問詞で尋ねられた内容を答えることになる」という内容だけで、それ以外の文法については後からちょこちょこ散発的に学んでいくので、記憶があやふやになっていた方も、また多いはずです。


疑問詞は、人の「あれ?これってどうなんだろう?」という素朴な疑問を解決したいという願望から発せられる言葉で、欠かせないものだとも言えます。


疑問詞の意味や少し変わった文法など、さまざまな点から疑問詞をもう一度見つめ直すと、新たな英語の世界が見えてくるかもしれません。

この記事の執筆者
最高の学習をもっと身近に、どこでも。スタモ編集部は、大学受験や日々の勉強に役立つ記事を発信しています。予備校講師や塾講師の経験のある東大、京大、早慶の卒業者メンバーが中心に、どこよりも詳しく、どこよりも丁寧な内容をお届けいたします。
関連記事
初めて・苦手でも大丈夫!超効率的な英文法勉強法まとめ
英文法は、その英語を読める・書けるようになるために最低限必要な知識です。でも英文法って覚えることが多すぎてどうしたらいいのか分からない!時間がかかりすぎて困る!そういう人も多いかと思います。英文法はあくまで最低限必要な知識なので、なるべく時間をかけずに身に着けたいものですよね。そこで今回は、効率を重視した英文法の勉強法をまとめてみました。
「大過去=過去完了形」という認識は間違い!過去完了形を正しく理解しよう
高校英文法で初めて見る人も多い「過去完了形」。中学で習う「現在完了形」を過去にしたもの、と習った人も多いかと思います。今回は、多くの人が勘違いしていたり、あまりよく理解できていないポイントを重点的にまとめてみました。
現在分詞の用法は多すぎる!?これを覚えておけば大丈夫!一気にまとめてみました
「現在分詞」と言われるとあまりピンとこない…という人も多いのではないでしょうか?この現在分詞ですが、英語ではかなり多くの用法があります。用法が多いということは、それだけ混同しやすいものがあるということです。今回は、そんな現在分詞の用法で「これを覚えておけば大丈夫!」というものを一気にまとめてみました。
知覚動詞のおさえどころまとめ!間違いやすい進行形、受動態に注意
知覚動詞とは、簡潔に言えば「5感で感じ取った情報を伝えるために使う動詞」です。5感は、「視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚」です。中でも、「進行形」「受動態」「知覚動詞+O」の3つは英語が得意な人でもよく間違ってしまうポイントです。今回は、そんな間違いの多いポイントに的を絞ってまとめてみました。
英語における「時制」について全12パターンを詳細解説!
英語の文章の最も基本となる考え方の1つである時制は、全部で12パターンに分けることができます。時制を制する者は英語を制します。本記事で「時制」の全体像を把握し、理解を深めていきましょう。
句動詞って何だろう?句動詞の種類と使い方について理解しよう!
句動詞とは、〈メインとなる基本の動詞が、前置詞や動詞、形容詞などと結びつくことで、よりはっきりとした意味を持つ動詞のまとまりとして働くもの〉のことです。 〈句動詞〉について、一緒にゆっくり、そしてしっかりと理解していきましょう。
© 2018 スタモ.