2019年01月06日更新
句動詞って何だろう?句動詞の種類と使い方について理解しよう!
句動詞とは、〈メインとなる基本の動詞が、前置詞や動詞、形容詞などと結びつくことで、よりはっきりとした意味を持つ動詞のまとまりとして働くもの〉のことです。 〈句動詞〉について、一緒にゆっくり、そしてしっかりと理解していきましょう。

みなさんは〈句動詞〉という名前に聞き覚えがありますか?


もしかしたら、句動詞のことを中学校や高校の時の英語の授業で、〈群動詞〉〈複合動詞〉などという名前で学んだことがあるかもしれません。


〈句動詞〉と〈群動詞〉〈複合動詞〉は、実は同じものを示しています。


文法的な用語を用いて説明すると、

〈メインとなる基本の動詞が、前置詞や動詞、形容詞などと結びつくことで、よりはっきりとした意味を持つ動詞のまとまりとして働くもの〉のことです。


「何それ?そんな説明ではまったく理解できないよ!」と思われた方は、ぜひここで〈句動詞〉について、一緒にゆっくり、そしてしっかりと理解していきましょう。

そもそも句動詞って何のこと?

・その前にそもそも動詞とは?

英語の文の中で使われている 〈動詞(verb)〉といえば、一般的には、《主語にあたる人・物・出来事などの「動き」や「状態」などを表す単語》のことです。


動詞には、go(行く), take(とる), come(来る) , make(作る), look(見る), find(見つける)など数えきれないほどの単語があります。


それらを英文に使うことで、私たちはさまざまな動きや状態を英語で表現することができます。

・豊かな表現力を持つパワフルな動詞がある! 

ところで、先ほど挙げた go(行く), take(とる), come(来る) , make(作る), look(見る), find(見つける)などの動詞は、それ自体、ひとつひとつの語があいまいかつ幅広い「意味」を含んでいて、それらを単体で使用するだけでも、かなり豊かな表現が可能となっています。


ひとつここで例を挙げてみましょう。


《take》という単語は、それひとつで、


★take a picture(写真を撮る)


★take a bath(お風呂に入る)


★take a nap (昼寝する)


といった、私たちが普段行う日常のさまざまな動きなどを表現することができます。


こうした表現的にパワフルなイメージの動詞が、英語の動詞にはいくつかあります。

・さらなる動詞のパワーが『付け足し』から生まれる!

しかしながら、takeなどのパワフル動詞には、さらに秘めたるすごいパワーがあることをご存知でしょうか!


そのパワーをもたらすのが、〈前置詞〉や〈副詞〉といった『付け足し単語』です。


例えば、メインの動詞takeに〈off〉という副詞(※offには前置詞の時と副詞の時と両方あります)を付け足してみます。


先ほどの、take単体使いの意味


take a picture(写真を撮る)


take a bath(お風呂に入る)


take a nap (昼寝する)


などに加えて、『付け足し』をほどこしたtakeは


take off (脱ぐ、外す、化粧をおとす、離陸する)


といったように、その言葉の表現が、付け足しされたoffという言葉の助けで、さらにパワーアップしています。


これは、takeという動詞単体がもともと持つ 〈何かを自分の側へ取り込む〉というコア(中心)の意味合いに、


offという副詞が持つ 〈何かを予定の位置から離してどこかへ移す〉

というコアの意味合いが『付け足し』されたためです。


そして、副詞や前置詞の『付け足し』が行われることで、動詞は新たにひとつの「動詞のまとまり」となって、文の中で多彩な意味合いを発揮するのです。


take+off

〈何かを自分の側へ取り込む〉+〈何かを予定の位置から離してどこかへ移す〉


脱ぐ、外す、化粧をおとす、離陸する


このようにして、メインの動詞への〈前置詞〉や〈副詞〉の『付け足し』で生まれたtake offのような〈新たな意味を持つ動詞のまとまり〉が、句動詞(phrasal verb)なのです。

・句動詞を学習する時は、それぞれの単語のコアの意味合いをつかんで付け足す!

先ほど述べたように、句動詞take offは、〈take〉と〈off〉それぞれの単体がもともと持つ、コア(中心)の意味合いを足し合わせて完成したものです。


しかし、単に「えーっと、take offは〈脱ぐ、外す〉〈離陸する〉で、take onは〈引き受ける、争う〉という意味がある。で、それからtake inは…」などと、やみくもに片っぱしから順番に覚えていこうとしても、句動詞は数がとても多いので、単に暗記していくのはなかなか難しいものです。


そこで、句動詞のそれぞれの意味を確認したり覚えたりする時は、まず、『句動詞に含まれる単語が持つ、それぞれの《コアの意味合い》をつかむ』とよいと思います。


次の項目で、句動詞を構成している代表的な単語の〈コアの意味合い〉を、メインの動詞と、その付け足しの副詞や前置詞に分けて、ご紹介します。

句動詞を構成する単語が持つコアの意味合いをつかんでみよう

これからご紹介する単語が持つ《コアの意味合い》は、今までみなさんが中学校などの英語の授業で習ってきた単語の意味とは少し異なるものかもしれません。


それは、これまで英語の授業で教えられた単語の意味がまちがっていたせいではありません。


おそらく、英語の授業で教えられる単語の意味が、実際にその単語が持ち合わせている《コアの意味合い》の、表面上のほんの一部分だけなのではないかと考えられます。


《コアの意味合い》は、幅広い意味合いの源になっていて、どこかあいまいな印象ではあるのですが、それでも、その単語の中心にあるものを確実に表現しています。


単語のコアの意味合いを知ると、もしかしたら、その単語に対する今までのイメージが変わり、はっ!と気づくことがあって、英語そのものへのイメージも変わることがあるかもしれません。


それでは、句動詞を構成している代表的な単語の〈コアの意味合い〉を、


・メイン動詞となる動詞が持つコアの意味合い

・付け足しの前置詞・副詞が持つコアの意味合い


の2分野に分けてご紹介します。

・メインとなる動詞が持つコアの意味合い

★go

人や物・出来事などが、そこにいる・あるところから、離れていく。


★look

視線を、ある特定の対象・方向へ向ける。


★make

何かを生み出したり明らかにしたりする行動。


★take

何かを自分の側へ取り込む。


★put

何かをある状態にする、位置付ける。

人や物・出来事が、自らをある状態にする。


★find

なくしたものを取り返す。ほしいものを発見する、手に入れる。


★break

あるものを破損・中断する。

人や物・出来事自体が破損・中断する。


★ push

何かに対して力を加えて押す。


★ run

途切れなく動く

・付け足しの前置詞・副詞が持つコアの意味合い

☆on

どこかに接地させ位置付ける、のせる


☆in

中・内側に入れる、自ら入る


☆out

外・表側へ出す、自らを出し切る


☆up

上にある状態にする、上げる


☆down

下にある状態にする、下げる 


☆off

離れさせる、自ら離れる


☆back

元のところへ戻す、後ろにいる状態


☆over

弧を描いて移動させる、超える、全体を覆う


☆ into

中・内側へ向かって入っていく、入れる 、その方向


☆away

遠くへ放つ・離れる、与える


☆by

そばを通過する

☆ around

ぐるっと回る、ぐるぐる回す

☆ about

あちこちに位置付ける

☆ through

押して何かを通す、通り抜ける

☆to

ある方向へ向く、向かう、向かって着く

☆for

受け取る側へ向かう、目標などに向かう、助ける相手へ向かう

☆with

一緒に行動する、関わる、面と向かう、含む

☆of

ものを持つ、ものに関わる

これらの動詞および副詞・前置詞の『付け足し』の単語それぞれが持つコアの意味合いを頭の片隅に入れておけば、2語あるいは3語の組み合わせでまとまりとなった句動詞にはじめて出会った時でも、ひとつひとつの意味を組み合わせることで、どうにか意味を推測することができます。


時間がある時に、ぜひ少しずつ覚えてみてください!

句動詞の代表はこれ! 『動詞+副詞』による句動詞

句動詞といえば、まず代表的なものが『動詞+副詞』の形をとるものです。


メインとなる動詞の後ろに、さまざまな副詞がついて、ひとつの動詞のまとまりとなり、文の中で動詞の役割を持って働きます。


動詞には「自動詞」と「他動詞」がありますが、この『動詞+副詞』の形をとる句動詞にも、「自動詞的な働きをする句動詞」と「他動詞的な働きをする句動詞」があります。


次に、それぞれの働き別に、句動詞の例を挙げてみます。

1.自動詞(自分自身が〜する)的な働きをする句動詞

※『動詞+副詞』タイプの句動詞は数がたくさんあるので、ほんの一部のみ掲載します。


自動詞的な働きをする句動詞は、たいてい他動詞(〜を…する)的な働きも持っています。ここでは、その両方の用法をご紹介します。


なお、ここでご紹介する句動詞は、すべて動詞+副詞です。


動詞の後ろに、on, along, off, up などがついているのですが、「あれっ?onやalongって前置詞じゃないの!?」という疑問を持つ方がいらっしゃるかもしれません。


しかし、これらの単語はここでは前置詞ではなく、副詞で合っています。


onは、何か名詞の前について前置詞として働く場合も多いのですが、ここでは、動詞の後ろについて副詞として働いています。


go on (続ける、起こる、行動する)

come along (一緒に来る、偶然やってくる、進展する)


※goやcomeを用いた句動詞は、自動詞的な働きのみ。


以下は、先に自動詞としての意味、後ろに他動詞としての意味を記載しています。


run off (走り去る、脱線する、流れ出る)(〜を複写する)

hold up (持ちこたえる、保つ)(〜を持ち上げる、〜を遅らせる)

break down (故障する)(〜を取り壊す、〜を分類する)

pull back (引き返す)(〜を引き返させる)

take off (離陸する)(〜を脱ぐ、〜を外す、化粧を落とす)

put off (出港する、離陸する)(〜を延期する)

get around (あちこちに出かける)(〜を回避する)

look out  (気をつける)(〜を選ぶ)

sit up  (寝ないで起きている、きちんと座る)(〜を起き上がらせる)

turn out (出かける、~となる)(~を消す、~を生産する)

2.他動詞(〜を…する)的な働きをする句動詞

ここでは、主に他動詞的な働きをする句動詞についてご紹介します。


他動詞的な働きをする句動詞もたくさんあります。


単独の他動詞と同じで、他動詞的な働きをする句動詞も、『~を』という動作対象=目的語を伴います。この、『~を』(目的語)については、後でまた説明します。


bring up (〜を育てる、話題などを持ち出す)

take on (〜を引き受ける、〜を争う)

give off (気体などを排出する、音などを出す)

push through (〜をやり遂げる、〜を強引に通過させる)

put about (~を言いふらす)

carry out (〜を実行する、〜を成し遂げる)

try on (〜を着てみる)

make out (〜を理解する、〜を作成する、〜を立証する)


ここで、 他動詞的な句動詞における注意点として、この句動詞と、『~を』(目的語)の関係について、以下のような語順に関する文法について、少し説明します。


日本語訳に注目しながら見てください。


例えば、make out(〜を理解する、〜を作成する、〜を立証する)という句動詞を例にとって、『〜を』の部分をそれぞれ変えた、2種類の日本語の英訳を見てみましょう。


★〈その意味〉を理解する。 …『〜を』の部分(=目的語)が普通名詞の時

◯ make out the meaning 

◯ make the meaning out 


★〈それ〉を理解する。 …『~を』の部分(=目的語)が代名詞の時


✖️  make out it

◯ make it out 


まず 『〜を』の部分(=目的語)が普通名詞の時は、2通りの語順の文を作ることが可能です。


ひとつは、〈その意味〉the meaning という目的語を、make out の後ろに入れる語順。


もうひとつ、〈その意味〉the meaning を、make と out の間に入れる語順。


これらの語順はどちらも○です。


しかし、『~を』の部分(=目的語)が代名詞の時は、1通りだけ。〈その意味〉the meaning を、make と out の間に入れる語順、つまり〈動詞+目的語+副詞〉の語順の文だけしか作ることができません!


試しに、他の句動詞でも確認してみましょう。

例題で確認しよう!

入試英語などで、bring up(〜を育てる、話題などを持ち出す)という句動詞を用いた、以下のような文の並び替え問題が出たとします。さっそく取り組んでみましょう!


まず第1問です。


1 They ( to / up / wanted / that / bring / baby ) because she was really cute.

(彼らはその赤ちゃんを育てたがった。なぜなら、とてもかわいかったからだ。)


「~を育てる」は、句動詞 bring up を使って表現できます。

ただし、ここで「育てる」対象、つまり目的語である「赤ちゃん」= that baby をどこに入れるかが問題です。


その時に考えるのが、ここでの目的語が「普通名詞」か「代名詞」かという点です。


もちろん、「赤ちゃん」= that babyは、「普通名詞」です。


ということは…


→ ○ They ( wanted to bring up that baby ) because she was really cute.


もしくは、


→ ○ They ( wanted to bring that baby up ) because she was really cute.


目的語が普通名詞の時の語順は、2通りあるので、どちらも○になります!


それでは、第2問はどうでしょうか?


2 They met a cute baby and ( to /her / up / wanted / that / bring ).

(彼らはかわいい赤ちゃんに出会い、育てたいと思った。)


こちらも、「~を育てる」は、句動詞 bring up を使って表現します。

そして、「育てる」対象、つまり目的語を確認します。


すると、目的語は「彼女(を)」= her となっていますよね。

第1問と同様に、ここでの目的語が「普通名詞」か「代名詞」かという点を考えてみると…


「彼女(を)」= her 「代名詞」です!


ということは…


→ ○ They met a cute baby and ( wanted to bring her up ).


正しい語順はこれだけです。


なぜなら、この句動詞の目的語が代名詞の時の語順は、先ほど述べたとおり、「動詞+目的語+副詞」の語順になるからです。


みなさんは正しく並び替えることができたでしょうか?

この問題は、句動詞においてとても間違えやすいポイントなので、しっかり覚えておきましょう。

句動詞の2番手はこれ! 『動詞+副詞・名詞+前置詞』による句動詞

句動詞の必須マスター2番手は、使われる品詞で次の3種類に分かれます。

どれも、他動詞の働きをする句動詞です。


それぞれの語が持つコアの意味合いを思い出しながらひとつひとつの意味を確認してみてください。

1.『動詞+前置詞』の句動詞

take after (〜に似ている)

Mary takes after her mother. (メアリは彼女の母に似ています。)

look for  (〜を探す)

I'm looking for my bag. (私は自分のバッグを探しています。)


rely on (〜に頼る) 

The children rely on him. (その子供たちは彼に頼っている。)

call on (〜を訪問する)

Let's call on our uncle. (おじさんを訪ねよう。)


belong to (〜に属する)       

These books belong to this library. (これらの本はこの図書館のものです。)

bump into (〜に偶然出くわす)

Then I bumped to her. (それで、私は彼女に偶然会ったの。)

2.『動詞+副詞+前置詞』の句動詞 

look up to (〜を尊敬する)

Tom's neighbors looked up to him. (彼の隣人たちは彼のことを尊敬していた。)


look forward to (〜を楽しみにする)

I'm looking forward to seeing you. (あなたにお会いするのを楽しみにしております。)

put up with (〜を我慢する)

All the students couldn't put up with the awful noise. (生徒たちみんながそのひどい音に我慢できなかった。)

make up for (〜の埋め合わせをする)

You should make up for the loss. (君はその損失の埋め合わせをするべきだ。)

get around to (〜にようやく手が回る)

I don't know when I can get sround to the problem. (いつになったらその問題に対処できるのかわからない。)

give in to (〜に屈する)

You mustn't give in to the demand. (その要求に屈してはなりません。)

3.『動詞+名詞+前置詞』の句動詞 

take care of (〜の世話をする)

Her elder brother took care of her and her sisters. (彼女の年長の兄が、彼女とその姉妹の世話をした。)

take part in (〜に参加する)

A lot of students take part in school activities. (たくさんの生徒たちがクラブ活動に参加している。)

make use of  (〜を利用する)

Everyone can make use of these facilities. (だれもがこれらの施設を利用できます。)

get rid of (〜を取り除く)

They had to get rid of the older one. (彼らは古い方を取り除かなければならなかった。)

pay attention to (〜に注意する)  

Pay attention to the details. (細かいところに注意してください。)

find a fault with (〜のあら探しをする)

Her friend always finds fault with others. (彼女の友人はいつも他人のあら探しをしています。)

前置詞を用いた句動詞についての注意点について

ここで、前置詞を用いた句動詞についての注意点について述べておきたいと思います。


中学校・高校の英語のテストなどで出てくる 『関係代名詞の文を作る』問題に、この前置詞を用いた句動詞の文が出題されたときに、うっかりやってしまいがちなミスがひとつあります。


それは、『関係代名詞の文を作る時などに、うっかり句動詞を分解させてしまう』ミスです。


実際に、例を挙げて説明してみましょう。


Q.次の2文を関係代名詞を使ってひとつの文にしなさい。

・He is satisfied with the event.

・He took part in the event.


この問題の解き方は、これら2つの文の共通の単語である the event を先行詞にして関係代名詞の文章を作る、というものなのですが、ここで、take part in (~に参加する)という句動詞のまとまりがポイントになってきます。


✖️He is satisfied with the event in which he took part

→◯ He is satisfied with the event which he took part in.


このような句動詞が入った関係代名詞文を作ると、文の最後がinなどの前置詞で終わることがしばしばあります。


この文章では、句動詞 take part in で文が終わっていますが、take part in の後ろにくるthe eventが目的語なので、正しい文なのです。

しかし、文の最後が前置詞であることに何か違和感を感じてしまい、うっかり前置詞inを関係代名詞whichの前に持っていってしまうと、間違いになります!

句動詞はそのひとつのまとまりで働きを持つものなので、分解しないよう気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか。


句動詞についてさまざまな側面から見てみると、英語における動詞の働きがとてもおもしろいものに感じられるのではないでしょうか。

一見何の変哲もないひとつの動詞が実はパワーを持っていて、on, in, off, up, down などの『付け足し』語の力で、さらにパワフルなものになっていくところが、句動詞の魅力だと思います。


こうした句動詞の意味や使い方を覚えることは、たしかに高校入試や大学入試などの英語のテストにも役立つものですが、それだけではなく、英語という言語を使っていろいろな表現をするのに心強い伝達手段として役立ってくれるはずです。

句動詞を少しずつでもマスターして、幅広い英語の可能性を自分のものにしていきましょう!

この記事の執筆者
最高の学習をもっと身近に、どこでも。スタモ編集部は、大学受験や日々の勉強に役立つ記事を発信しています。予備校講師や塾講師の経験のある東大、京大、早慶の卒業者メンバーが中心に、どこよりも詳しく、どこよりも丁寧な内容をお届けいたします。
関連記事
初めて・苦手でも大丈夫!超効率的な英文法勉強法まとめ
英文法は、その英語を読める・書けるようになるために最低限必要な知識です。でも英文法って覚えることが多すぎてどうしたらいいのか分からない!時間がかかりすぎて困る!そういう人も多いかと思います。英文法はあくまで最低限必要な知識なので、なるべく時間をかけずに身に着けたいものですよね。そこで今回は、効率を重視した英文法の勉強法をまとめてみました。
「大過去=過去完了形」という認識は間違い!過去完了形を正しく理解しよう
高校英文法で初めて見る人も多い「過去完了形」。中学で習う「現在完了形」を過去にしたもの、と習った人も多いかと思います。今回は、多くの人が勘違いしていたり、あまりよく理解できていないポイントを重点的にまとめてみました。
現在分詞の用法は多すぎる!?これを覚えておけば大丈夫!一気にまとめてみました
「現在分詞」と言われるとあまりピンとこない…という人も多いのではないでしょうか?この現在分詞ですが、英語ではかなり多くの用法があります。用法が多いということは、それだけ混同しやすいものがあるということです。今回は、そんな現在分詞の用法で「これを覚えておけば大丈夫!」というものを一気にまとめてみました。
知覚動詞のおさえどころまとめ!間違いやすい進行形、受動態に注意
知覚動詞とは、簡潔に言えば「5感で感じ取った情報を伝えるために使う動詞」です。5感は、「視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚」です。中でも、「進行形」「受動態」「知覚動詞+O」の3つは英語が得意な人でもよく間違ってしまうポイントです。今回は、そんな間違いの多いポイントに的を絞ってまとめてみました。
英語における「時制」について全12パターンを詳細解説!
英語の文章の最も基本となる考え方の1つである時制は、全部で12パターンに分けることができます。時制を制する者は英語を制します。本記事で「時制」の全体像を把握し、理解を深めていきましょう。
句動詞って何だろう?句動詞の種類と使い方について理解しよう!
句動詞とは、〈メインとなる基本の動詞が、前置詞や動詞、形容詞などと結びつくことで、よりはっきりとした意味を持つ動詞のまとまりとして働くもの〉のことです。 〈句動詞〉について、一緒にゆっくり、そしてしっかりと理解していきましょう。
© 2018 スタモ.