2019年01月02日更新
【2018】進研ゼミの英語講座はどうなの?レベルから口コミまで徹底的に調べました
「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」といえば、誰もが一度は聞いたことのある通信教材ですよね。 小中学生のお子さんがいる家庭では、学期末などに子供向けの漫画がついた勧誘用ダイレクトメールが届いたこともあるのではないでしょうか? 聞いたことはあるけれどどんなものかわからない、レベルってどうなの?、口コミ評判が知りたい!などなど…… 今回はそんな数々の疑問について徹底的に調べました!

進研ゼミについては、なんとなく「小さい子向けのものなのかな?」というイメージを持っている方も多いと思います。


ですが、進研ゼミには「小学講座」「中学講座」の他に「高校講座」もあり、小学生~大学受験までを進研ゼミは、カバーしています。


そのため、この記事は大学受験対策に何をしたらいいの?と思っている方にも、お読み頂けるようになっています。


今まで「大学受験対策に進研ゼミを使う」ということについて、強く意識していなかった方も、この機会に一度考えてみてはいかがでしょうか?


田舎の方では、「予備校、塾や家庭教師サービスがない」そういった地域もあるかと思います。


学校と家庭での自主学習の他にも何かやった方がいいのでは?と不安に思っている方にとって、通う必要のない通信教材は、とても魅力的な手段ですよね。


また、通信教材は予備校や塾に比べて料金が安いというのも魅力のひとつです。


進研ゼミは、通信教材の中でも、最大手のサービスです。以下で詳しく見ていきましょう。

進研ゼミの高校生向けの英語講座について

進研ゼミ高校講座の英語ですが、大きく分けて2つの特長があります。


②は他の教科に関しても言えることではありますが、

①は進研ゼミの英語独自の強みと言っていいでしょう。


これから進研ゼミをやってみようかな?と考えている人は要注目です!

①オンラインスピーキングが導入された!

進研ゼミ高校講座の英語について何よりもまず皆さんに知ってもらいたいのは、2018年4月から内容が大幅に強化され、オンラインスピーキングが導入されたということです。


更に2019年4月からは「マンツーマントーク」という新たなサービスも開始するようです。


2020年度からは大学入試改革ということで、英語において求められる技能がこれまでの「聞く」「読む」だけでなく、「書く」「話す」も含めた4つに増える予定です


特に、この「話す」という分野は、今までの学校教育ではあまり力を入れられていなかったというのが正直なところです。


よく「日本人は英語を読めるが話せない」と言われるのも、話せるようになるための教育をされていないからだというのが一般的な説ですね。


しかし、今まで「話す」教育をされていなかったということはつまり、学校の先生達も「話す」教育を十分に受けていない場合が多いということです。


自分が話すだけでなく、生徒に教えるとなれば教えるという技術も必要ですから、現状、学校がスピーキングにきちんと対応できるかというと疑問があります


ALT(英語話者の先生)や帰国子女の先生がいる、となれば別ですが、多くの場合は学校の先生もずっと日本の学校で教育を受けてきた方々です。


先生側の本音としても「スピーキングはちょっと……」ということもあるかもしれません。


ですが、進研ゼミのオンラインスピーキングは外国人の先生による全英語でのレッスンです。


もちろん、レッスン終了後は、先生からのフィードバックがもらえます。


実際、スピーキングにしっかりと対応できる先生を探すのは、学校だけでなく予備校や塾でも難しいと言われています。


「大学入試にスピーキングが導入されるから」ということで英会話に通うことを考えている方もいるようですが、英会話はあくまで英会話であって、大学入試とは異なります。


もちろん英会話スクールに通って無駄なことはありませんが、せっかくならば入試で問われるであろうポイントをしっかりおさえたいですよね。


進研ゼミは歴史が長く、さまざまな大学の入試問題データを持っています。


実際、入試問題予測にも非常に強いようです。

確かにスピーキングは新しい分野ではありますが、入試という点では同じです。


大学側は受験生にどんな英語力を求めているかをよく知っている進研ゼミなら、ポイントを絞って学習できるのではないでしょうか。


また、進研ゼミには「1分スピーキング」という音声認識サービスがあります。


これはどんなものなのかというと、いきなり外国人の先生と対峙するのではなく、アプリに向かって発音し、それに対して点数でフィードバックがもらえるというものです。


英語を話すことにすら慣れていないのに、いきなり外国人の先生と話すのは緊張するものです。

そう考えると、「1分スピーキング」は生徒にとって非常にありがたいサービスだと言えるでしょう。


まだ始まったばかりの教材なので、今後更に内容が充実していくことが期待できますね。

②学校のレベル別講座

進研ゼミの大きな特徴の一つとして、学校の定期テストにもかなり力を入れているという点があります。


普通の塾や予備校、あるいは他の通信教材だと大学受験にだけフォーカスをあてていて、内容がどんどん先に進んでいって取り残されてしまう……といった経験をする方も少なからずいます。


学校の定期テスト対策をしっかり行うことで、基礎的な学力をつけることにもつながります。また、学校の定期テスト対策がしっかり取れるということは、推薦入試対策にもつながります。


このことは、意外と注目されていませんが、大事なポイントです。


推薦入試で必要となる事項は、たくさんありますが、高校三年間における学校での成績は、必ず問われます。そのため、学校の成績が良くないと、推薦入試を諦めないといけなくなる可能性がでてきます。


推薦入試での合格を狙う場合は、学校の定期テストで高得点を目指しましょう。


特に、指定校推薦では、まず同じ学校の生徒たちがライバルとなるため、学校での成績がさらに重要になります。同じ試験を受けるため、どれだけ学校の定期試験に対策ができたかが、明確に差になって現れます。


大学受験に高校の成績は関係ないからといって、定期試験は赤点にさえならなければいいと考える方も稀にいますが、私立大学専願と決めて入試科目だけに極端に絞って勉強する場合など、かなり計画的な場合のみで、普通はおすすめできません


入試においては、1回でも多く門を叩けた方がいいでしょう。


推薦入試の可能性を掴むだけで、一般入試だけの方よりも1回多く志望校にトライできることになります。


また、特に上位大学の一般入試は、学校の定期試験より難しいです。


学校で習うよりも難しいことをできるようになるよりも、学校で習ったことをしっかりこなす(勿論成績の他に授業態度や課外活動を見られることも多いですが)方が楽という考え方もあります。


進研ゼミは学校のレベル別講座があるため、難しすぎてついていけないことや、逆に簡単すぎて飽きてしまうといったことはありません。


その学校のレベルにあったことを確実にできるようになることで、可能性はぐんと広がります。

進研ゼミのリスニングはどう?

さて、進研ゼミの英語についての口コミですが、「小学講座」「中学講座」「高校講座」と大きく3つの講座があるため、なかなか全部を一言で言うのは難しいようです。


そこで、各講座ごとに分けて口コミをまとめてみました!

【小学講座の口コミ】

勉強が嫌い、勉強する習慣がない、といったお子さんには進研ゼミはとても向いているという意見が多数でした。


その理由として、やはり「キャラクターによる解説」にかなりの効果を感じられるようです


小学生とまだ小さいお子さんは、勉強=難しい!字がたくさん!つまらない!という発想になってしまいがちですが、キャラクターの絵が描いてあるだけで「楽しいもの」「面白いもの」と認識してくれるようです。


また、キャラクターが話し言葉で解説をしてくれる、というのも理解を深める手助けになっているようです。

書き言葉で書いてあると、それだけで難しく見えてしまうのかもしれませんね。


キャラクターが話しかけるように解説をしてくれることで、親近感が抱きやすくなり、勉強が捗るという仕組みになっているようです。


勉強自体を楽しめるようになる、というのは素晴らしい意識付けですね。


【中学講座の口コミ】

特徴的なのはやはり、タブレット教材とサポートの充実の2点のようです。


もちろん冊子の教材もあるようですが、やはりタブレットの方が人気という声が多いですね。


しかし、タブレットは想像よりも厚くて重いという意見もありました。


iPadのように薄くて軽いものではないようですね。持ち運びにはやや不向きかも?


しかし、タブレットならば机に向かう必要はないので、なんとなくやる気が出ない時でもすぐに取り組むことができ、生徒にとっては心理的ハードルが低く感じられるのでしょう。


また、サポートの充実ですが、通信教材では珍しい「電話で質問」ができるということです。


通信教材の代表的なマイナス面は、「その場で質問ができないこと」


しかし、進研ゼミでは電話を使って即時質問ができるのです。

これは画期的ですね!


他に、アプリを使って質問もできるようです。また、短いページ数に要点がまとめられた教材で、部活で忙しい生徒でも効率良く学習できる点も好評版です。


短いページ、短時間、効率良く!は進研ゼミが一番強く売り出していることでもあり、かなりの効果が期待できるようです。

【高校講座の口コミ】

高校講座で最も実感できるのは、なんといっても料金の安さだそうです。


大学受験を見据えるとなると、予備校や塾だととてもお金がかかります。


しかし、進研ゼミは、予備校や塾(一口に言っても様々ありますが)の1~2教科分の料金で、5教科全部の教材を買えたという意見の方が非常に多いです。


これはご家庭としてはとても助かりますよね。


また、進路情報だけでなく、学費や奨学金の情報が載った冊子も届くそうです。


学費や奨学金についてはなかなか自力で情報を集めるのが難しいところでもありますから、こういった情報が得られるのは嬉しいですね。


また、あの有名な「赤ペン先生」ですが、メインで効果が出るのは高校講座のようです。


添削を個別にもらえることでモチベーションアップにもつながりますし、大学受験レベルの添削を細かくもらえる機会は実はなかなかないので、ありがたいシステムですね。


特に記述を必要とするような問題だと、自分で解答解説を読むよりも「自分の答案に対する添削」があった方が成績はぐっと伸びます。


また、「忙しくても最低限これだけはやるべき内容」が明示されていることも高評価でした


受験を意識した勉強となると、途端に何をどのくらいやるべきかわからなくなってしまいがちです。

そんな時、「最低限これ」というラインが引かれていると安心しますよね。



進研ゼミの英語で英検はとれる?

結論から言うと取れます。


ただし、準1級以上は難しいかもしれません。

2級まででしたら、進研ゼミの教材をしっかりこなすことで取れます。


なぜなら、英検2級はおよそセンター試験と同じ程度のレベルだからです。

また、英検の問題はセンター試験で問われる問題と大きな差はありません。


TOEICは、ビジネス目的での利用に振り切っているという印象がありますが(就職活動の際はTOEICで高得点を取っておくと有利に働くことがあります)、英検は、全般的な英語能力を見るためです。


問題の中で出てくる単語や熟語も、大学受験対策で習うものがたくさんあります。

英検は、実は学校の勉強と並列して対策しやすいものなんです。


進研ゼミには「Challenge English 中学・高校4技能クラス」というものがあります。

こちらは「読む」「書く」だけでなく「聞く」「話す」にも対応したものです。


2020年度以降の大学入試改革は勿論のこと、英検をはじめとした検定試験対策に使えます。


あまり知られていないことですが、私立大学の受験では英検2級以上(大学によっては準2級以上)を持っていると受験会場での試験が免除されることがあるのです。


TOEIC何点以上で免除、という大学もあるのですが、大学入試改革によってスピーキングが重視されるようになることを考えると、こうした免除規定もスピーキング能力を含む検定が求められるようになるかもしれません。


TOEFLもスピーキング能力が問われますが、英検のように段階別ではありませんし、何より高校生にはやや難しい試験です。


そう考えると、英検の重要性は、今後高まっていく可能性があります。


「英検は持っていてもあまり意味がない」という考えは、大学受験においては時代遅れになっていくのかもしれませんね。


進研ゼミは大学入試だけでなく、日常で使える英語を育てることにも力を入れているので、大学入試の勉強と同時に英検の勉強もできることは強みです。


チャレンジイングリッシュ のレベルはどれくらい?

チャレンジイングリッシュの対象は小学校1年生~6年生。「中学・高校・4技能クラス」の小学生版です。


また、チャレンジイングリッシュでの最終到達レベルは、英検3級程度です。


英検3級というと中学3年生のレベルですから、相当先取りしたハイレベルな学習ができるということになります。


ただ、ハイレベルというだけではなく、初心者に対しても優しいです。

まず、チャレンジイングリッシュを始める際は最初にレベルチェックがあり、レベル1~8までと細かく分けられます。


初心者から帰国子女まで、幅広いレベルに対応しているんですね!


もちろん4技能クラスの小学生版なので、「聞く」「話す」能力の育成もばっちりです。


まとめ

これまでの内容をまとめると以下の通りです。


・進研ゼミ英語は「聞く」「話す」に注力している


・幅広いレベル別での学習が可能


・短時間で効率よく学習できるシステム


・通信教材なのに即時質問もできる充実のサポート



この記事の執筆者
最高の学習をもっと身近に、どこでも。スタモ編集部は、大学受験や日々の勉強に役立つ記事を発信しています。予備校講師や塾講師の経験のある東大、京大、早慶の卒業者メンバーが中心に、どこよりも詳しく、どこよりも丁寧な内容をお届けいたします。
関連記事
進研ゼミの紹介特典とその内容について!特典をもらう裏技も紹介!!
「進研ゼミ」に入会するときに使えるお得な制度、”紹介制度”を知っていますか? 通信教育にはどうしてもお金がかかるもの。 しかしこの紹介制度を使うことでかなりお得に進研ゼミを始めることができます。 もらえる特典は受講するお子様にはもちろん親御さんにとっても、その後ゼミを続けるモチベーションになること間違いなしです! 本記事では進研ゼミの紹介制度と受ける方法・その裏技について解説していきます!
〔2018〕進研ゼミ高校講座ってどうなの?コース・費用からデジタルサービスまで調査しました
進研ゼミの高校講座について、コース・費用からデジタルサービスまで徹底的に調べました。どこよりも詳しく説明いたします。
進研ゼミの努力賞を徹底解剖!おすすめのプレゼントからカタログの申込方法まで
勉強へのモチベーションアップに効果的な進研ゼミの努力賞。その努力賞について、プレゼントの中身からカタログの申し込み方法まで調べました、
【2018】進研ゼミの英語講座はどうなの?レベルから口コミまで徹底的に調べました
「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」といえば、誰もが一度は聞いたことのある通信教材ですよね。 小中学生のお子さんがいる家庭では、学期末などに子供向けの漫画がついた勧誘用ダイレクトメールが届いたこともあるのではないでしょうか? 聞いたことはあるけれどどんなものかわからない、レベルってどうなの?、口コミ評判が知りたい!などなど…… 今回はそんな数々の疑問について徹底的に調べました!
© 2018 スタモ.