新着記事
【判別式】計算方法とD/4の使い時、問題の解き方まで徹底解説!
判別式の計算方法についてみなさんはちゃんと理解していますか?また、判別式を使うとどんなことが分かるか知っていますか?判別式は高校数学・大学受験において欠かせない基礎知識なので、しっかりマスターしておきましょう!
恒等式とは?性質と証明を問題を通して解説!!
恒等式とは(右辺)=(左辺)の形の式が与えられた際に、その係数を求める問題で使う考え方です。しかし方程式と似ているため混同して間違ってしまうケースが多いため、受験生にとって見落としがちな点の一つになっています。今回はそんな恒等式の性質と証明を問題を通して解説していきます。
無生物主語って何ができるの?使う動詞に注目!
英語を勉強していて、「無生物主語」について深く考えたことがある人は少ないと思います。無生物主語になる文は、ある程度決まった動詞が出てくるので、実は覚えやすいのです。「なんとなく」でできた気にならず、使い方や注意点を確認して周りに差をつけましょう。
would=willの過去形だけじゃない!気を付けたいwouldの使い方まとめ
wouldを単なるwillの過去形と考えてはいませんか?実はそれ、大きな間違いなのです。wouldは過去のことを表すだけでなく、様々な使い方があるのです。この機に使い方を一気に覚えましょう!
so thatは意外と簡単!最低限2つの使い方+発展2つ
「so thatは難しい」と思っていませんか?それは、「たくさん用法がある」というイメージのせいかもしれません。実は、so thatの用法は多くの人が考えているよりも少なく、最低限2つの使い方を覚えていればたいていはカバーできるのです。今回はそんな最低限2つの使い方と、知っていると差がつく発展の使い方2つをまとめてみました。
階差数列とは?一般項の求め方とその例題について解説!
階差数列を知っていますか?一見規則性のない数列の一般項を求める際に使われる手法の一つです。等差数列や等比数列などあらかたの知識事項を覚えた後の次のステップとして登場し、それらの知識をすべて使って一般項を求めていくことになるため、やり方を知らないとなかなか苦戦してしまう分野です。今回は階差数列を用いた一般項の求め方とその例題について解説します。
過去分詞の用法は多すぎる!?これを覚えておけば大丈夫!一気にまとめてみました
現在形ー過去形ー過去分詞という「活用表の最後」でよく認識されている過去分詞ですが、実はとても用法が多く、それゆえ勘違いされていることの多いものです。今回は、そんな過去分詞の用法を一気にまとめてみました。
等比数列の一般項と和の公式の性質、その使い方を詳しく解説
本記事では等比数列の一般項\(a_{n}\)と和の公式\(S_{n}\)の性質を解説していきます。一般項の初項と公比の性質、公比がマイナスのときの注意点、和の公式の求め方などを身につけていきましょう。
英語の前置詞とは?全体のニュアンスと位置関係から詳しく解説!
日本語には存在しない英語の「前置詞」を、全体のニュアンスと位置関係から詳しく解説します!
大学受験に必要な関係代名詞の知識はこれ!
関係代名詞というと、「who, which, thatの3つを使うもの」と思っていませんか? 実は、関係代名詞は中学内容と高校内容で飛躍的に内容が難しくなるのです。 今回は大学受験で必要な関係代名詞の知識についてまとめてみました。
be動詞ってどんな動詞?意外と知らない使い方がある!
中学校での英語の授業の最初に学ぶ『動詞』が〈be動詞〉です。みなさんもbe動詞の活用表で〈I, my, me, mine, you, your, you, yours, …〉などと暗唱して覚えたのではないでしょうか。ここでは、be動詞の意味・英文における用法などを確認しながら、be動詞の奥深さについて掘り下げていきたいと思います。
解と係数の関係とは?証明方法、例題を徹底解説!
解と係数の関係を知っていますか?解と係数の関係は対称式を用いて、二次方程式の解から係数を、反対に二次方程式の係数をもとに解を求めることのできる公式です。 普段使われることが多いわけではないので、見落としがちになってしまう受験生も多いのではないでしょうか。今回はそんな解と係数の関係の証明方法と例題を紹介します。
円柱の体積の公式と性質、円の公式の使い分けなどを詳しく解説
本記事では円柱の体積の公式と性質、その使い方をいくつかの例題で詳しく解説していきます。直円柱と斜円柱の体積がなぜ等しくなるのか、また、それに使う円の面積と円周の公式の覚え方も身につけていきましょう。
メネラウスの定理の性質と外分点の取り方、図形問題での使い方を詳しく解説
本記事ではメネラウスの定理の内容と性質、図形問題での使い方を詳しく解説していきます。定理の覚え方やチェバの定理との違い、分子と分母に数字をどうやって代入するのかなどを、例題をとおして身につけていきましょう。
ド・モルガンの法則の使い方と集合や要素の定義、図形的な意味を詳しく解説
本記事ではド・モルガンの法則の使い方と集合や要素の定義、法則の図形的な意味を詳しく解説していきます。集合と要素の違いや、和集合、共通部分などの意味をしっかりと理解して、ド・モルガンの法則を身につけていきましょう。
方べきの定理はいつ使う?練習問題を解いて基本をマスターしよう!
方べきの定理の公式を覚えるのは簡単ですよね。でも、「いつ使ったらいいのかわからない」と苦手意識がある方も多いのではないでしょうか。この記事をしっかり読めば使い時が見極められるようになります。
© 2018 スタモ.